Search
  • ClassicAile

生まれながらの詩人? - ベートーヴェン 交響曲第九番

【クラシカエール Blog Vol.20 音楽のここが面白い!】



以前のブログでもお伝えした通り、

第九は、年末にもよく演奏されますね。

(クラシカエールブログVol.1 3月に、ベートーヴェン「第九」?

https://www.classicaile.com/blog/3yue-ni-betovuen-di-jiu


最後の合唱は、きっと誰しもが耳にしたことがあるでしょう。

曲の解説をするにはもっと詳しい人がいるでしょうから、

今回は文学や哲学の面から見てみたいと思います。

ベートーヴェンの遺した手紙 "ハイリゲンシュタットの遺書" には、

こんな文章があります。

「カールよ、おまえの子供たちには徳を授けてくれ。

金ではなく徳が幸せを与えてくれる。… 徳こそが、苦境のなかで私を高めたものなのだ」 (カールとは、ベートーヴェンが特に可愛がっていた甥の名。)

ベートーヴェンがいかに信念を持って生きてきたかが垣間見える一文です。 さて、徳 とは一体なんでしょう?

ベートーヴェンに関して、こんな文章が残されています。

「彼(ベートーヴェン)は古代人の偉大な賛美者である。

ホメーロス* の『オデュッセイア』、そしてプルタルコス** を何よりも好む。

彼は生まれながらの詩人で、他の誰よりもゲーテとシラーを研究した」

-J.R.シュルツ 1824年

* ホメーロス… 古代ギリシアの吟遊詩人。

盲目だったかもしれない (日本の琵琶法師のような存在?) ** プルタルコス… 古代ギリシアの歴史家、代表作は 英雄伝。

この曲の最後の合唱ではシラーの頌歌「歓喜に寄す」が使われています。 ベートーヴェンは若い頃からこの詩に興味を持っており、

最初に着想を得てから完成まで、なんと30年以上の月日が流れています。 それだけ大切に温めていたアイデアだったのですね。

最終楽章では、まず不気味な音が鳴り響きます。

色々なエッセンスが鳴り消えて行く、その合間に合唱が少しずつ入ってゆきます。

まるで人々が様々な闘争、困難に出逢い、打ち克っていくかのようです。

ベートーヴェンの一生のようですね。

合唱は次第に盛り上がり、オーケストラと合唱が歓喜のうちに幕を閉じます。

ベートーヴェンにとって徳とは、文学や音楽を通して、自分がどう生きるべきか、

学び想像することだったのではないでしょうか。


最後に、シラーの"歓喜に寄す"  を冒頭部分だけご紹介します。

" Freude, schöner Götterfunken, Tochter aus Elysium,

歓喜よ、美しい神々の火花よ、楽園の娘よ、

Wir betreten feuertrunken, Himmlische, dein Heiligtum!

私達は炎のような熱情に酔いしれて、天にあるそなたの聖所に入って行く。

Deine Zauber binden wieder, was die Mode streng geteilt;

そなたの不可思議な力は、世の流れが厳しく切り離したものを再び結び、

alle Menschen werden Brüder, wo dein sanfter Flügel weilt. 全ての人々は兄弟となるのだ!その柔らかな翼の憩うそこでは。… "

続きは割愛しますが、素晴らしい詩なのでぜひ一度手にとって見てみてくださいね。 さらに実感を持って第九を感じられるはずです。

ここまでお読みくださった全ての方々、本当にありがとうございました。

演奏者も、スタッフも、素晴らしい演奏会になることを願い準備しています。 どうか、応援に足を運んでいただけたら幸いです。

ベートーヴェンの心の叫び、熱を帯びた活気を、感じて頂けたら嬉しいです。

それでは、皆様と共に心暖まる一時を過ごせることを楽しみにしています。

エール管弦楽団 平山由季


2018年3月3日新感覚コンサート リラクシーモ開催決定!

チケット情報 https://relacssimo.peatix.com


#エール管弦楽団 #クラシカエール #クラシック #音楽 #オーケストラ #コンサート #イベント #川崎 #ベートヴェン #第九 #日本 #新感覚コンサート #リラックス #リラクシーモ

#aileorchestra #classicaile #classic #music #orchestra #concert #event #tokyo #japan #concertofsenses

137 views